スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
コエド祭について、ちょっといい話1
2009 / 09 / 13 ( Sun )
R0011602.jpg

コエド→ドドイツ→積み木→きのこ→コエド。以上コエドしりとりでした。

縞々です。
今日はちょっとコエド話にまつわるお茶飲み話でもいたしましょうか。

今年で3年目になるコエド祭。テーマはずばり“大人の学園祭”。

コエドを好きでいてくれる人への“ありがとう”をこめて、
まじめに、気合入れてはっちゃけようぜ!!
しかもフード、ライブ、あらゆるコンテンツの質は高いよ、大人だからね!

そういったスタッフの気合を縞々が感じたのは、第一回目のコエド祭でのことでした。

当時、某媒体の編集者だった縞々は、ある場所でコエドビールにひとめぼれし、取材を申し入れていました。その取材依頼をしていたのが、コエド祭直前で、現社長じきじきにお誘いをいただいたのです。
「コエドビールのことが少しでもわかっていただけると思います」と。

正直、なんぼのもんじゃいと思って出かけていきました。
それが、ステージはあるわ、コエド踊りなるダンシングが行われているわ、ライブペインティングはやっているわ、見どころが満載なのです。お料理も美味しく垢抜けていて、計算つくされている(大人だからね!)。

なにより、スタッフたちのエネルギーがすごい。
それにお客さまの笑顔がキラキラしている。
コエドが好きで好きでたまらないという情熱がビシバシ伝わってくるのです。

“楽しい”がぎゅーっと凝縮されて空に解放されていくようなパワフルな空気感。
そのとき、縞々はあらためてコエドに恋したのでした。

長くなりましたが、何かを好きになりたい人は、ぜひ10月3日、さいたまスーパーアリーナけやき広場にお越しくださいませ。

さて、次回以降はお待ちかねのフードブースについてお知らせしますよぅ。チェックだぜ!
スポンサーサイト
23:27:55 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。