スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
【おさらいCOEDO】1本の白を何度もおいしくいただく方法
2014 / 09 / 19 ( Fri )
火照りを鎮めてくれていた夏のビールも素晴らしかったのですが、
ここのところは1杯を大切に時間を感じながらいただく秋のビールを味わっております。

こんにちは。ブログ隊長 縞々です。
冬なら温かくしたお部屋で、春ならうららかな日差しの元でと、
四季折々のビールの楽しみ方を覚えておりました。

Beer Beautiful!ドヤッ

本日は女性にも人気の『白』をおさらいします。

140917001.jpg

『白』はヴァイツェンという伝統的なスタイルの白ビール。
小麦由来の白濁した淡い液色と、クリーミーな泡が特徴的。

そして酵母と小麦が作り出す絶妙なアロマも魅力ですね。
バナナやパッションフルーツのような明るい香りは、それだけで華やか!

それではいただきます。

140917002.jpg

苦みは少なく、香りの存在感とスムースな舌触りがなんともおしゃれ!
炭酸の刺激もひかえめなので、おなかが苦しくなることもありません。サラサラいただけてしまいます。

しかし、本日はサラサラいただかないのです。
1本の白を、何度もおいしくいただくのです。

140917003.jpg

なんだコレ。山椒です。これを泡にすこしだけ。
ちょっとした冒険です。レッツ味変

140917004.jpg

おいしい!

フルーティな香りにビターな刺激が爽やかにマッチ。
少々おとなの雰囲気をまといました。

それだけでおいしい『白』ですが、こんなふうにも楽しめるのですね。

ちなみにポイントは“ひとくち分だけ”。これがいちばん美味しいと思っております。
そしてスパイスの量には気をつけて。「少ないかな?」と思うくらいがちょうどいいのです。

140917005.jpg

飲み終わっても味わい深いコエドビール。
ボトルをこんなフラワーベースとして活用できちゃうのですね。

フォルムがどっしりしているので安定感も抜群です。



スポンサーサイト
13:31:35 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。