スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
出演アーティスト情報~体感せよ、奇跡のJam!曽我大穂×AFRA×ロボ宙
2013 / 09 / 14 ( Sat )
セイホー♪( ´θ`)ノ

こんにちはブログ隊長・縞々です。
待ちに待った2組めのアーティスト情報…公開です!

これまで何度もけやき広場を揺らしまくってきたコエドビール祭ライブステージですが、
今回は初のHIP HOPクルーが参加!

しかも、それぞれがすでに実力を認知されているソロアーティスト3組によるユニット。

曽我大穂×AFRA×ロボ宙!
ちょっとお目にかかれないスペシャルjamの予感です。


曽我大穂×AFRA×ロボ宙


まずTVCMで強烈なインパクトを残したヒューマン・ビートボクサー”AFRA”。
カラダをまるで多彩な楽器のように自在にビートを操るカミワザにおったまげたものです。

                 ×

そしてもうひとりのカミワザ楽器奏者は曽我大穂!
映画のようなライブパフォーマンスを繰り広げる[CINEMA dub MONKS]のリーダーであり
【ハナレグミ】【二階堂和美】の音楽サポートでも活躍中の実力派。

                 ×

そしてMCはHIP HOPヘッズから熱烈な支持をウケる”ロボ宙”!
【脱線3】リーダーにして【スチャダラパー】の3本目のマイク。キャッチーなフロウはフレンドリーでどこまでもピース!!
          
=(イコール)!
       
この3組が織り成すのは奇跡のバイブス!
まるで子どもみたいに夢中にさせられるはず。楽しくないはずがない!

日常も時間も忘れてはしゃぎ倒しましょう!
※ほどほどにネ。

*********
■曽我大穂(CINEMA dub MONKS)
ハーモニカ/フルート/テープレコーダー/etc..奏者。
海外にも多くのファンを持ち、一本の映画のようなライヴを展開するシネマティック・ジャムバンド ” CINEMA dub MONKS ” を率いる。
また<ハナレグミ><二階堂和美><おおはた雄一><照井利幸>などの様々なアーティストのレコーディングやライブサポート、TV-CMでの演奏など様々な場面で活動中。
小説家いしいしんじ氏とのコラボレーションや、写真家・ダンス・映像・など様々なジャンルとの共演も多い。

これまでに、3枚のCDアルバムと1枚のアナログ盤をリリース。
CINEMA dub MONKSの新作アルバム「永遠と一日」は、BOSE (スチャダラパー) / ハナレグミ /ワダマコト (CaSSETTE CON-LOS) / 芳垣安洋 (ROVO) /KOO (Black Bottom Brass Band) / 辻コースケ/ 上運天淳市 (KINGDOM☆AFROCKS)ら7人のゲストを交えて描かれた抒情詩的短編集。
http://www.cinemadubmonks.jp/
http://www.myspace.com/cinemadubmonks

■AFRA
2004年、FUJI XEROXのTV-CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビートボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。
1996年 NYセントラルパークで見たThe RootsのビートボクサーRahzelのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。
高校卒業後NYへ単身渡米、映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリーフィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。

2003年 日本人初のヒューマン・ビートボックスアルバムとなる1st Album「Always Fresh Rhythm Attack」をリリース。
2004年 プロデューサーにPrefuse 73を迎え2nd Album「Digital Breath」をリリース。
2005年以降 啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド「AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND」として活動開始。1st Album「I.B.B.」、2nd Album「World Class」、数多くの海外ライブを収録した映像作品「World Tour」をリリース。
2009年10月 ソロ名義にて3rd Album「Heart Beat」をリリース。

■ロボ宙
伝説のHIPHOPグループ「脱線3」のMC/リーダー。SDP3本目のマイク。
80年代に笑い音楽演劇様々なサブカルチャーに影響を受けパフォーマンス活動を開始。
数々の海外オールドスクールアーティストと競演。 GーSONSTUDIOでのレコーディングなど様々な場所での舞台を経験する。

2000年以降ソロアーティストとしての活動が、活発となり 2002年ゲストにSLY MONGOOSEの笹沼位吉や、ヒューマンビートボクサーのAFRAを迎えた、 ソロデビュー作「銀河飯店」(KI/OON)を発表。
独自のスペイシーでFUTUREFUNKなHIPHOP感覚を提示、 この頃から音楽的に確かなアンテナを持ったオリジナルなMCとしての ロボ宙がクローズアップされていく事になる。
最近ではHIPHOPカルチャーから派生しつつも新たなシーンを形成しつつある 新世代アーティストのアルバムに多数客演している。
FUJIROCKフェスティバル03やサマーソニック04など多数のイベント、FESにゲストMCとして出演。

********

なんと、今年はもう1ステージあるとか…ないとか!?
続報を待て!
スポンサーサイト
17:30:14 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。