スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
コエドといっしょに出かけよう!~We ♡ 川越、そして思いがけず瑠璃
2013 / 09 / 10 ( Tue )
IMG_3234.jpg


は~るばる来たぜ、か~わごえ~。

こんにちは。ブログ隊長縞々です。
先日、コエド誕生の地・川越を訪れました。

生粋の川越ッ子・コエドブルワリーの重田氏による川越ツアーにコエド祭スタッフとともに参加したのです。
そりゃあコエドが生まれた場所は見ておかないとね!

IMG_3249.jpg


案内人・重田氏。
西暦何年とかそういうレベルで話してくれるんですよ。まさに川越玄人。


歴史を感じさせる風情あふれる街並。ほんとうに美しい場所…です…?

IMG_3236.jpg

わっ。めっちゃ見てる。

老舗のうなぎ屋さんにいたカメレオン。魅惑のボディは発泡スチロール製です
これは川越のアーティスト・ヤジマキミオさんの作品。
リアリティある立体作品ですが、なんだか童話の中みたいで楽しい!
由緒だけでなくユーモアも大事にした街。それが川越。
※このあとハシビロコウやらカエルやらチェスの駒やらに遭遇することとなります。

そして川越のキラーコンテンツといえば菓子屋横丁。これは外せません!
明治時代から続くそうで、最盛期は関東大震災以降で70軒ほどのお店がひしめいていたとか。
どうでもいい余談ですが縞々はずっと「お菓子横丁」と呼んでいました。

IMG_3238.jpg

誘惑・誘惑・誘惑の洪水!

大きなふ菓子やら、おトクなわれせんべいやら。
どうして足を止めずにいられましょうか。

IMG_3240.jpg

川越名物らしく、おいしそうな焼き芋発見!
『紅赤』の材料ですね。これテストにでます。

なごりおしくも菓子屋横丁をあとに、川越のシンボル『時の鐘』に向かいます。

IMG_3245.jpg

この通りがまたすばらしい!
味わい深い建物が立ち並ぶノスタルジックな風景は、非日常なのにどこか落ち着く懐かしさ。

IMG_3248.jpg

ハイ、来ました『時の鐘』!
寛永4年に建てられたものが最初と言われており、現在の鐘台は明治26年の大火の翌年に再建されたものだそう。
いまもなお午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回。鐘の音で街に時を知らせています。
心強いような、いじらしいような。
川越の人たちに長い間寄り添い続けてきたのですね。
ちょっとうらやましいと思いました。

川越の街をぞんぶんに味わい、満足していましたが、
欲を言えばキュッと一杯行きたいところ……。

IMG_3250.jpg

『時の鐘』向かいにある超絶カッコいい酒屋さんにて発見!

IMG_3251.jpg

ま、まじですか。

IMG_3253.jpg

まじでした。
さすが川越!コエドビール飲みながら街観光もOKだなんて!

ちなみにこの日は30℃超えのピーカン照り。
思いがけず出会えたのはピルスナータイプ『瑠璃』でした。
爽やかな苦みとクリアなのどごしが歩き疲れた体をシャキッと生き返らせてくれるようです。

うまぁい♪ コエド最高!川越最高!

ご機嫌な頭で縞々、思いつきました。
今年のコエドビールブログは「おでかけ」します。

誰かとお話してコエドビールのおいしさをお伝えしていこうと思います。
コエド祭ですからね、乾杯の予習もしなければですから。

さてさて、また来るよ川越!

IMG_3254.jpg

★過去の瑠璃についてのレビューもご一緒に
http://coedofes.blog114.fc2.com/blog-entry-114.html
スポンサーサイト
23:57:40 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。