スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
コエドビール祭へのカウントダウン6~フードブース情報だよ★全員集合!
2012 / 10 / 02 ( Tue )
121002_b.jpg

おなかすかせて待っていた方、
お待たせいたしました!フードブースからのお知らせです。


FROM神戸。丹波の鶏と野菜をひっさげてさいたまへ
■炭火焼鳥いもや KOBE
http://ameblo.jp/yakitoriimoya/
本当の炭火で焼いた「丹波鶏の大手羽の炭火焼き」や、希少な「枝つき、丹波黒えだまめ」など贅沢すぎるラインナップ!素材と技が光る気鋭の人気店が初出店です。

気仙沼から秋の味覚をお届けします
■気仙沼・唐や
http://tabelog.com/miyagi/A0404/A040401/4007029/
宮城県気仙沼の和食店が登場!宮城気仙沼港で水揚げされた「特大生さんまの塩焼き」は瑠璃や伽羅など苦みの利いたビールに合わせたいですね。

ビール愛好家に告ぐ。その店、危険につき
■東京ビアホール&ビアテラス14
http://www.tokyo14.jp/
COEDO5種全て生樽で楽しめるストラン。「淡路たこのフリット スウィートチリソース」「お肉のパテとキュウリのCOEDO漬け」など、ビールファンのツボを知り尽くしたメニューを展開。ついついグラスが進んでしまいそう…。


野外イタリアンもオツですよ
■イタリア料理Y
http://www.ne.jp/asahi/itl-y/yamazaki/
COEDOファンを自称するイタリアンが登場!黒こしょうと、セロリが香る、鉄板で調理した「大人のナポリタン」や、5種の材料をマルサラ酒で煮込み、赤ワインヴィネガーで仕上げた「イタリア風モツ煮」などカジュアルながら洗練味あるメニューを展開。

もはや説明不要!コエドビール祭の名物店
■Beer Cuisine GOSHIKI Roppongi
http://beer-cuisine.com
「世界一美味しいフィッシュ&チップス」の店といえば、コエドビール祭ファンならピンと来るのでは?
もちろんGOSHIKIは今年も登場です。はじめて祭に参加される方は要チェックです。

1年ぶりにタパスストアが帰ってきた!
■TOKYO TAPAS STORE
コエドビール祭限定ユニットタパスストアが今年も登場。「BBQ ビーフステーキwithチミチュリソース」、「 BBQ 自家製サルシッチャ」など、枠に囚われない東京スタイルのBBQ&タパス料理は祭のテンションを上げてくれる重要なスパイスです!

屋外&ビール&ハンバーガー=鉄板!
■Cafe Soul Tree
http://garageworks.jp
デザイナーのオーナーによるデザインと、仲間達で作った手づくりの工場、デザイ事務所、住居、などが共存する建物の中にあるカフェ。肉厚でボリュームたっぷりな「ハンバーガー」やハニージンジャーテリヤキソースの「テリヤキバーガー」など。おなかを空かせてきてください。

川越の個性派カフェからビール好きのためのお料理を
■カフェエレバート
http://r.gnavi.co.jp/b216803/
COEDOビール5種類全て生ビールで置いているだけあり、そのラインナップは的確!大きめの手羽先を海老味噌に
つけてカリッとあげた「海老味噌香る手羽揚げ」や、隠し味としてピーナッツや黄な粉も入った「〆の担担麺」。
〆のあとにもう1杯いきたくなるかも…。

川越は黒豚もすごいんです…!
■ミオ・カザロ
http://www.miocasalo.co.jp
川越の宝物といってもいい!「小江戸黒豚」を本格ドイツ製法で手間ひまかけて仕込んだハム・ソーセージ工房が参戦!小江戸黒豚100%のモツを「紅赤」でじっくり煮込んだ「小江戸黒豚 モツ煮」はじめ、小江戸黒豚ワールド全開です。

すべてはあなたが楽しむために!
■SOZAI食堂 TEN
http://www.rot-group.com/pc/restaurants/10.html
祭を楽しむすべての人へ贈ります!漬け物をふんだんに混ぜ合わせたタルタルソースがくせになる「絶品!和風タルタル南蛮」や「北戸田でいちばん美味しいポテトフライ スイートチリ&サワークリーム」など、みんなでシェアして楽しみたいメニューが揃っています!

パクチー!パクチー!パクチー!
■パクチーハウス東京
http://paxihouse.com/tokyo/
パクチー&COEDOファンに朗報!世界初のパクチー料理専門店がやってきます。タイ風のさつま揚げにパクチーを練り込み、タイのハーブ・香辛料で仕上げた「パクまあげ」、パクチーの天ぷら「パク天」などパクチー三昧!香りに負けない『伽羅』やハーブの香りの『白』でお試しあれ!

こだわりとセンスを併せ持つ料理家
■クラウドカフェ by フルタヨウコ(料理研究家)
http://www.cloud-cafe.jp
料理家福岡県リバーワイルド製の葡萄を食べてそだった豚のバラ肉を塩豚にし、大根とともにとろとろに煮込んだ実山椒かおる「葡萄豚の角煮」、「クラウドカフェオリジナルカレー」など、料理研究家フルタヨウコ氏が腕をふるったお料理をお楽しみに!

ふう。一気にご紹介したらおなかすいちゃった…。
みなさん、おなかをすかせて待っていてください。
スポンサーサイト
15:16:52 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。