スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
COEDO祭りへのカウントダウン0.5~終わってなかったコエド小話
2010 / 10 / 10 ( Sun )
beni.jpg


祭当日を数時間後にひかえ、心残りがあとひとつ。
5本目のコエドビール、紅赤の紹介が残っていました。

これはコエドのなかでも特別ユニークな1本。

川越の名産といえばさつまいも。
そのさつまいもを焼き芋にして、さらにラガーに変身したのが紅赤です。

紅赤の印象は、キュートだけどブラックユーモアのある女の子といったところ。
あまくてコクのあるファーストインパクトのあとに、ふんわり香る焼き芋フレーバー。
一口で、ほかにはない個性と親しみやすいおいしさに気づくはずです。

だけど気をつけてください。
7%と、コエドビールのなかでは一番アルコール度数が高いのです。

飲み口がいいからといって、調子にのみすぎると、チクッと刺されますよ。

さ、すべてのビールの紹介が終わりました。
これで心残りなく、明日を迎えられます。

COEDO祭まで、あと15時間です。
スポンサーサイト
22:09:53 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。