スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
出演アーティスト情報2~その歌声は素敵な夜のはじまりです
2011 / 08 / 17 ( Wed )


【続報です】Ann Sallyさんライブスタートは18:00から!


こんばんは。縞々です。
アーティスト情報、第二弾発表です。なんて大判振る舞い!

COEDO祭にとっても素敵な歌姫が登場。
Ann Sallyさんがやってきます。


annsally.jpg

TVCMなどでその歌声を耳にしたことのある人もいますでしょう。
静かでやさしいスムーズな歌声が印象的です。

これまでのCOEDO祭のライブといえば、「踊れ!」「騒げ!」な男っぽいミュージシャンが、
会場を沸かせてきましたので、たおやかな女性シンガーは意外に感じるかもしれませんね。

でもね、これがとってもいいんです。
今年はしっとり贅沢な夕刻ライブをみんなにプレゼントしちゃいます。

縞々の個人的な感想ですが、Ann Sallyさんの歌はなんだか懐かしい。

カーテンの向こうからやってくるようなドリーミーな歌声。ふるいラジオを思い出しました。
切ないような安心のような、なんともいえない感覚が心の奥深くへ浸透します。

縞々、すでにしみじみしてきました。
できれば家族やおともだちや、大事な人を一緒に連れてきてください
だれかに分けたくなるような、すばらしい夜の帳が訪れますので。

******概要******
【Ann Sally】

幼少時からピアノを習い音楽に親しむ。10代の頃より様々なジャンルの音楽を垣根なく愛聴し、歌で表現する面白さにのめり込む。大学卒業後も内科医として働く傍ら歌い続け、2001年のデビュー以来10年間、多数アルバムを発表し、全国でライブを行う。2010年末には7枚目のアルバム「fo:rest」(フォレスト)を発表。時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれ、深みある歌唱と、ナチュラルなライフスタイルは幅広く支持されており、全国からライブの呼びかけが絶えない。

offical website

**************
スポンサーサイト
00:28:36 | page top↑
出演アーティスト情報1~10/10大宮上空にCWM前線到来
2011 / 08 / 14 ( Sun )


【続報です】COOL WISE MANライブスタートは16:00から!


こんにちは、COEDO祭ブログ担当縞々です。
まだまだ先、と思われるかもですが、COEDO祭実行委員会は準備に大忙しです。

さて、COEDO祭と切っても切れない関係といえばライブですよ。
いよいよ決まりましたので、お知らせ第一弾、いっちゃいます。

バンド名とはうらはらに、ファットで熱いテンション。
レゲエ、スカ、カリブミュージックをルーツに、圧倒的なグルーヴをひっさげ、
国内国外問わず音楽フェスをまわりまくるフットワークでCOEDO祭にも登場です。

COOL WISE MAN、いらっしゃい!!

CWM_AP.jpg

写真からもいぶし銀な感じ、つたわってきますでしょ?
1993年の結成と、熟成度は満点!

おそらく当日の衛星写真は大宮付近にCWM旋風が写りこんでいると思われます。
ビール指数、最高潮記録しますよ。


******概要******
【COOL WISE MAN】

1993年結成。2枚の7インチと数枚のオムニバスに参加。都内クラブを中心に活動する。
 2000年、待望の1st ALBUM “BAD SKA”をDIWPHALANXよりリリース!! 
 2003年2ndアルバム”Faith”をOr Glory/Galacticからリリース。
 2005年 コンセプト・アルバム “UNITY”をリリース。
スタジオ・ワンのオリジネーターDee JayKING STITT、DELINGER、PAPA U-Gee、
カルカヤマコトとジャンルを越えた多彩なゲストを迎える。
2006年、3rdアルバム”SaltyDinner”をリリース。
夏にはSAPPORO DRAFTONEのTVCMに出演し、業界を騒がせる!
2007年は、Mr Symarip aka RoyELLIS 、RICO RODLIGUEZ JAPAN TOURのバックバンドを努め、
ついにFUJI ROCK FESTIVAL’07への出演を果たし、名トランペッターEDDIE TANTAN THONTONとの共演を果たす。
2008年は、オーストラリア縦断野外FESTIVAL BIG DAY OUT’08にTANTANと出演。
7月には、オーストラリアでの熱気と興奮を一気にパッケージした、全曲オーストラリアレコーディング
のアルバム“EAST MEETS WEST”をGalacticより発売。
8月にはTANTANとの“EAST MEETS WEST”JAPANTOURで、東京、大阪、名古屋に加え、RISING SUN ROCK FESTIVALに出演し、オーストラリア以上のパフォーマンスで、新境地を開拓する。

2009年は市原icchie大資(ex DETAMINATIONS,ex Bush of Ghost),BAKU(BambooSwing)を迎え、
オリジナルアルバムとしては4作目になるALBUM “RUNDOWN(ランダン)”を発売!
アルバム発売を期に、バンド表記をCOOL WISE MENからCOOL WISE MANに一新!
FUJIROCK FESTIVAL’09、GreenroomFestival、SUNSETLIVEなど各地FESへの出演。
更にTOWER Records  No Music No Lifeキャンペーンに初登場する。

2010年、2度目となるCOOL WISE MAN meets EDDIE ‘TanTan’ THORNTON JAPAN TOURを開催。
初のKOREA TOURでは多くの熱い声援を受ける。

毎年11月に渋谷Club Quattroで開催しているOneMANshowも5回を数え、ますますパワーアップ!

ゆっくりではあるが、確実に自分たちの道を切り開き、突き進んでいる。
カリブミュージック、ジャズ、レゲエ、そしてスカ! 
ジャマイカンルーツを全てて詰め込み独自のリディムに昇華させ、魅せるワイズメン・・・。
彼等の存在は今後のシーンのポテンシャルとして目が離せない!

COOL WISE MAN
My Space
Official Blog
***************
10:21:22 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。