スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | page top↑
プレイバックCOEDOFES2012~10/8けやきひろば後半
2012 / 10 / 20 ( Sat )
ごめんなさい。一週間あいちゃいました…。

ブログ隊長縞々です。これで2012年更新は最後です。
ブログの最後にとっても重要なお知らせがありますので、あと少しだけおつきあいくださいませ。

さあ2012プレイバック、ガンガン行くぜ!

みなさんのおなかを虜にしたフードブースをまわってみましょうか。


唐や

まずは気仙沼から唐やさん。去年も参加してくれましたね。コラーゲン入りのソーセージがふわっふわでおいしかったから覚えています。
今年は超プレミアムなさんまをご用意いただきました!ピカピカです!店長さんも自信たっぷり。

「この日のために500尾かき集めて持ってきました。去年もですが、とても楽しいお祭りですし、お客さんがとてもいい。来年もきたいくらいです」

ありがとうございます。さんま、完売したそうです!


ミオカザロ

ハム&ソーセージ工房ミオ・カザロさんではソーセージと小江戸黒豚のモツ煮にクラッ。数量限定のベーコンは正直買って帰りたいくらいでした。

「同じ川越として応援していきたい。本当に楽しいお祭りでした!」



ワイ

コエドビールを愛してくれているというイタリア料理Yさん。大人のナポリタン、大好評ですよ!それにメニューからコエドへの愛が伝わってきます。

「コエドに合うメニューを持ってきました!なにせコエドファンですからね!」

あんなに大きかった生ハムも、最後にはだいぶ小さくなっていましたね。



いもや

関西でいちばん有名な丹波鶏をひっさげて、神戸からいぶし銀登場!炭火焼鳥いもやKOBEさん、こんにちは!
もくもくの煙に向き合う表情は真剣そのもの。ぴしっと揃った串焼きは壮観です。

「以前にコエドのイベントを当店でやってもらったので、今回はうちが。せっかくの日なので、いい素材を持ってきました。丹波の黒枝豆もおいしいですよ」


クラウドカフェ

料理家のフルタヨウコさんのクラウドカフェbyフルタヨウコは腹ぺこさんにはたまらないラインナップ。ぶどうを食べて育ったぶどう豚の角煮に、カレー2種!
人気すぎて炊飯が追いつかなかったくらいです。なんと無農薬の新米ですよ!

「私たちはコエドビール祭2度目なのですが、どんどん大きくなって、ファンが増えていくのに驚いています。お客様の楽しんでいる様子がよく見えました」

フルタさん、ありがとうございます!


エレパート

豪快!おいしい焼きそばがすぐに完売になってしまったのはカフェ・エレパートさん。夕方以降に提供予定だった〆の担々麺を早めに出していただきました。あとね、海老味噌の手羽揚げがたまらず…。店長さんもニヤリ。

「ビールといっしょならこういうのがいいでしょ。」

……さすが。お酒好きのツボを心得ていらっしゃる。


そざい

みんなで気兼ねなくシェアして食べられるメニューがうれしいSOZAI食堂さん。
もりつけが超オシャレです。福神漬けのタルタルなんて瑠璃が進んじゃいそうですよ。

「ビールに合うものを用意してきました。僕らの料理がお祭りの一部分になってくれれば」

楽しそうに飲んで食べて飲んで食べてる方、たくさん見かけましたよ。

五色

さすがの貫禄なのはお馴染みGOSHIKIさん。いつもの「世界一おいしいフィッシュ&チップス」と、今年は「ライムで食べるさぬきうどん」をご用意。これがなかなかの大好評でした。

「まったく違うものを持ってくるっていうのもいいと思って。」

本当にさすがです…!


パクチー

異色の初参戦は経堂のパクチーハウスさん。パクチー専門店ですよ!
周辺にいいにおいを振りまいています。

「紅赤とか伽羅とか、合うと思いますよ。パクチーを知ってもらえればうれしいし、おいしいと思ってもらえればもっとうれしい。楽しいお祭りに参加できて良かったです」

縞々、大行列を目撃。結構みんなパクチーすきなんだなあ。

カフェソウルツリー

なんて贅沢なハンバーガー!カフェソウルツリーさんセンス良すぎです。
鉄板でバンズとともに焼くパテの豪快な音は人の足を止めますね。

「今回初参加なのですが、忙しかったですね。ただとても雰囲気のいい祭りなので一緒にできて楽しかったです」

野外×ビール×ハンバーガー。これ、鉄板です。

ビアホール

タコのフリットととりのコンフィにパテ!おしゃれなメニューばかりでお客さまもお困りだったことでしょう!東京ビアホール&ビアテラス14さん、おつかれさまです!

「さっとご提供できるものをご用意しました。それでもやっぱり簡単ではなく、ちょっと特別なものを意識しています。楽しんでいただきたいですしね」


タパストア

何事か!?ひときわダイナミックなBBQはコエドビール祭だけに登場するフードユニット・TOKYO TAPA STOREです。みんな立ち止まって見ていましたね。

「今年で2回目ですが、いやあ~みんなよく飲んで食べますね」


マルクト

最後に、朝採り野菜をご用意いただいたマルクトさん。
じゃがいも詰め放題が大人気!夕方にはほぼなくなっていました。

野菜を買って帰られた方は、どんなお料理を作ったんでしょうか。気になります。


さてさて、、ステージは?

おいしい話

聞かなきゃ損なフードブースからのおいしい話!


コエド大学


コエド大学。小谷野先生の授業、受けましたか?
なんと去年の限定ビールは伽羅リニューアルの布石だったとか…!?
そのほか5種類+限定ビールのお話に、職人のお仕事のことまで。

MCサトンチのトリビアで1日60リットルのビールを飲むと筋肉の衰えが緩和される、なんてのもありましたね。
60リットルはなかなか…。

そんな授業からの、

R0014100.jpg


コエドダンス!愉快です!!
いっしょに踊ってくれたみなさん、ありがとうございます!


そして、そして


mmkライブ

マウンテン・モカ・キリマンジャロLIVE!
熱いトークとファンクを鳴り響かせ、ステージへ。
あなたは埼玉の熱いソウルを目の当たりにしましたか?

ライブ中

フロアの熱気がすごい。


夕方は待ちに待った二階堂和美さんLIVE。

_DSC0907.jpg

空の色がドラマチックに変わっていく、極上のステージ。

ライブ中2

最初は提灯のあかりが目立ち始めるくらいだった空が。

ライブ中3

クライマックスにはもっと完全に近い夕闇へと変化していました。
じーんとくる、叙情的な時をみなさんと過ごせたのは本当に幸せです。

そして18時。これにて閉会

みなさんが帰っていく後ろ姿がとても名残惜しく、また会いたくなるのです。
今年もたくさんの笑顔をありがとうございました。
また来年お会いしましょう!



…しかしコエドビール祭2012、このブログで終わるとは思わないでくださいね。
なぜならコエド祭HPが完成したんです!!

↓クリック

http://fes.coedobrewery.com/


祭当日の写真タイムライン2012年Tシャツプレゼントなど、祭ファン必見情報が掲載されています。
来年まで長いですが、祭HPを見ていつでも祭気分を味わってください。


来年も必ずコエドビール祭は開催します。
それまでみなさん、どうかお元気で!

今年も縞々でした。ありがとうございました~。
スポンサーサイト
13:52:14 | page top↑
アーティストインタビュー〜二階堂和美さん、乾杯!
2012 / 10 / 13 ( Sat )
_DSC0014-1.jpg

強い西日から夕暮れ、そして夜。
ドラマティックに変わる空のもと、けやきひろばを包み込む二階堂和美さんの歌声。

じーんとさせる祭のクライマックスにふさわしい美しいライブでした。
ブログ隊長縞々、ちょっと泣いちゃいました。

——ありがとうございました。二階堂さん。

二階堂和美さん
昼間もいいけど、夕暮れはいい時間でしたね。
ステージからみんなの気持ち良さそうな感じがよく見えましたよ。
どんどんお酒が進んできて、楽しそうで。いいライブでした。

——二階堂さんはもともとコエドビールをご存知だったんですよね。

二階堂和美さん
そうなの!前から好きで。ボトルがかわいいから窓辺に飾ってあるくらい。

——とくにおすきな銘柄はありますか?

二階堂和美さん
特にすきなのは紅赤かな。まろやかで、香ばしくて。

——ちょっとアルコール度数が高めなんですよ。

二階堂和美さん
えー!そうなんだ。やさしい味なのに意外!

——ゆっくり飲みたいやさしい味ですよね。二階堂さんの歌にぴったりです。
 限定ビールはいかがでした?

二階堂和美さん
思っていたより苦かったです。
香りがパッションフルーツみたいで苦みに合ってました
さわやかで。

——あらためてコエドビール祭の感想をお聞かせいただけますか?

二階堂和美さん
楽しかった!みんながだんだん酔っぱらってきて、楽しそうにずっといてくれて。
ライブのあとも帰らないで名残惜しそうにしていてね。
提灯がきれいで雰囲気もあって。とてもいいお祭りだと思います。来年もきたいです。

——ぜひ遊びにきてください!ありがとうございました。

インタビュー中もパフォーマンス中と変わらず屈託のない笑顔の二階堂さん。
フレンドリーで、キュートでずっとお話していたいと思ったくらいです。

もっともっとだいすきになってしまいました。
またあの伸びやかな歌声を聴きにいきたいと思います。
11:21:29 | page top↑
アーティストインタビュー~乾杯!MMK!
2012 / 10 / 12 ( Fri )
たぶん2012年10月8日の埼玉県でいちばん熱い瞬間を記録したんではないでしょうか。
マウンテン・モカ・キリマンジャロ(以下MMK)がコエドビール祭にファンクの嵐を巻き起こしました!

mmk.jpg


おつかれさまです!MMK!

――天気よくてよかったです。

MMK
みんなのノリも良かったし、盛り上がりましたねぇ~!
ぼくらも飲みながら演奏できて楽しかったし。テンション上がりすぎて1杯でまわっちゃったよね。
僕らと同じ埼玉だし、コエドビール祭にかかわれて楽しかったです。

――MCも演奏も熱かったですよね!
 それではみなさん、コエドの感想を聞かせていただけますか?

Bobsan(Guitar)
もともと知ってたビールだけど、飲みながら演奏は楽しかったですよね。
とくに好きだったのは紅赤かな。飲み口は爽やかだったんだけど、時間が立つとまわって。
それが気持ちよかった。

――いちばんアルコール度高いですから。でもコエドの顔みたいなビールですし、クセになる気持ちはわかりますw

Mzo(Organ)僕は白です。何杯でも飲める。好きな人と飲みたいですね。

――えーっ!それって女性ですか?

Mzo
そうw女の子が瑠璃だとよりよし。

――www。それ、とびきりおしゃれかも。いつかそれやりたいw

栗さん(sax)
僕は瑠璃ですねw いっぱい飲むので、すっきりしたタイプがすきでね。
デザインもおしゃれだし、ライブ中に飲むにはちょうどいい。気分的にもね。
今日はフードもどれもおいしかったし楽しかったですよ。

――いろいろめしあがりましたか?

栗さん
せっかくだからね。いい祭だよね。来やすくて。

――ありがとうございます!お客さまもすごく盛り上がっていましたね!

潤さん(BASS)
本当にノリのいいお客さんで!楽しんでもらえたようでうれしい。
僕は伽羅がおいしかったですね。アロマホップがホップホップしていた感じw
パクチーの料理があったな。

――苦味と香りに負けないパクチーはいいかも。ホップホップに負けない。

Tiger(Drums)
僕は瑠璃かな。じつはあんまり飲めないんですよ。

――意外!お酒が苦手な人はあんまり瑠璃が好きじゃないと思ったのに。

Tiger(Drums)
それがね。おいしかったんですよ。おいしいものに一番マッチしていたからね。
カレーに角煮でしょ、ハンバーガーもやきそばも。

――ずいぶんめしあがりましたね!

Tiger(Drums)
ビールの力かなw

――フードのクォリティの高さもコエドビール祭の自慢ですからね。

Temjin(Trumpet)
漆黒ですかね。意外なおいしさという意味で。
色からすると勇気いるじゃないですか。それがすっきりした飲み口で、香りがよくて。
こんなにおいしいんだって。

――みなさん限定は召し上がっていただけましたか?

MMK
いただきました!こういうビールもあるんだって意外で。
フルーティな香りと大人の苦味があっておいしかったですよ。

――よかった!!みなさんコエドビール祭楽しかったですか?

MMK
もちろん!来年も参加したいくらいです!

息のあった6ピースバンド。
ライブ中はクールだったり、エモーショナルだったり、かっこいいプレイヤーでしたが、
インタビュー中は終始ニコニコ楽しげな、チャーミングな6人組でした。

ありがとうございます、MMK!
今度はこっちから会いにいきますからね!
00:34:39 | page top↑
プレイバックCOEDOFES2012~10/8けやきひろば前半
2012 / 10 / 11 ( Thu )
いつも思うのですが、コエド祭が終わると秋を感じます。
朝夕寒くね!?

こんにちは。ブログ隊長縞々です。
10/8の熱がまだ冷めません。寝ていても喧騒が聞こえてくるようです。

それではあの日を振り返ってみましょうか。
鉄は熱いうちに打て!

降りそうで降らなかったり、やっぱり降ったりと空に振り回される数日間を経て・・・。

fc2blog_2012100810081582a.jpg


文句なしの晴れ!
天気の女神さま、前フリがどSすぎる。

ともあれホッとして12時開場。コエドビール祭2012スタート!
開場前から多くのお客様にお待ちいただきましたね。

120802.jpg


ビールブースはかなりの賑わい!
こんな晴れですもの。飲まなきゃ損!ですよね。

120803.jpg


とくに限定ビールの列からは熱いグルーヴを感じました。
楽しみにしていてくださったのがうかがえます。グッときました。

みなさん、飲んでますかーーー!?

さて、お客様の感じはというと。

120804.jpg


芝生エリアではご持参いただいたビニールシートでまったりしている方でいっぱい。
思い思いにレイドバック。みなさんピースフルでハッピーな時間をすごしていただけたごようす。

120805.jpg


続きましてメインフロア。
こちらはスタンディングで活気に満ちた雰囲気です。
お客様同士、相席やお席の譲り合いをしていただきありがとうございます。

それにしても嬉しかったのは毎年参加しいるという方の多いこと!
過去の祭Tシャツを着てきていただいている方もちらほら。

120806.jpg

2011年。

120807.jpg


2010年。こちらの方はほぼすべてのTシャツを持っていてくれているそう。
いろんなビアフェスにコエドTシャツを着て参戦している強者です。

お子さんが輪投げでゲットしたTシャツをパパが着てくださった親子も。
「今年も輪投げあるのー?」と聞いてくれたキミ、今年はどうだったかな?

この流れで輪投げコーナー行ってみましょう。
これが大人気!

120808.jpg

大人も子どもも熱中!ハマッちゃうきもち、わかるわかる!
輪投げが成功するたびにカランカランと鳴り響く鐘の音も祭らしくてあがります。

それでは後半に続く!!
後半ではフードブースやステージの様子をリポートします。
00:37:17 | page top↑
コエドビール祭2012大成功です!
2012 / 10 / 09 ( Tue )


みなさんご来場ありがとうございました!

今年も大成功です!

まずはMMKと二階堂和美さん!
素晴らしい音楽をありがとうございました!音楽は人の心を解放する素敵な魔法です。

フードブースのみなさま!
おいしいごはんをありがとうございます。忙しく足も棒になるほどだったと思います。それでも素晴らしいクォリティのお料理をだし続けるプロ魂に脱帽でした。

スタッフのみなさま。
みなさんの連携力、実行力には毎年感服です。みんなが楽しんでいてくれるから祭のグルーヴ感が盛り上がるのだと思います。祭の誇りです!

ご来場いただいたみなさま!
みなさまの笑顔が我々の活力です。来ていただいた方、一人一人に心からの感謝を述べたいと思います。

最後にコエドブルワリーのみなさま!
おいしいビールと素晴らしい祭をありがとうございます!おいしいビールを作り続け、休むことなくビールを注ぎ続ける職人さんたちのことがみんな大好きです!

また来年お会いしましょう!
ありがとうございました。

しかし縞々の後日談はまだ続きます。しばしお付き合いくださいませ。
00:16:45 | page top↑
コエドビール祭へのカウントダウン0~コエドビール祭今日開催!
2012 / 10 / 08 ( Mon )


12時からスタートします!
今年はビールブースの場所がことなります。
ステージから離れたいちばん奥です。
ご注意!

のちほどお会いしましょう!
10:12:20 | page top↑
コエドビール祭へのカウントダウン1~10/8埼玉県南部晴!
2012 / 10 / 07 ( Sun )
降水確率10%。最高気温24℃。

ここ何日かきまぐれな空模様に一喜一憂しておりましたが、埼玉県南部のあしたの晴れがほぼ決定しました!

ブログ隊長縞々です!
プレッシャーからの解放感でどうにかなっちゃいそうです。

というわけでけやきひろばで会いましょう!

あしたは例年より椅子がすくなめです。
なのでレジャーシートをお持ちいただくことをオススメします!

早くみなさんにお会いしたいです。
また明日!


15:12:02 | page top↑
コエドビール祭へのカウントダウン2〜おみやげだってすごいんです。
2012 / 10 / 06 ( Sat )
そわそわが止まらない…。
こんにちは。ブログ隊長縞々です。

あさってが楽しみすぎて背中のむずむずが止まりません。


さて、おみやげの話をいたしましょう。
はじまってもいないのにお土産の話ですか、とは言わないで。

これ、聞いておかなきゃ損々。

おみやげ

なんてきれいな野菜たち!
地産地消の促進がテーマの埼玉県産有機野菜マルクトです。

その名のとおり、コエドが生まれた埼玉県で採れたおいしい有機野菜や果物を取り扱う市場。
質の良さはもちろん、産地が近いので新鮮!これって贅沢ですよ!


いまや海外にたくさんのファンがいるコエドですが、地元への愛がとても強い。
川越から、埼玉から、世界中へおいしいビールを広めていくというのがコエドのスタンスのひとつ。
(コエドの顔である『紅赤』は川越名物のさつまいものビールですしね★)

なのでマルクトがコエドビール祭にあるのはとても自然なことなのですね。
ちなみに縞々は昨年はねぎとトマトを買って帰りました。瑞々しくておいしかったです!

夕方には売り切れ続出なのでお早めに!

おみやげ2

もちろんコエドビールもお土産にできますよ。
祭の余韻を家で味わうもよし、参加できなかった友だちにおすそ分けでもよし。
おうちに帰るまでが祭ですからね!!

さ、何度でも言います。
コエドビール祭まで、あと2日です。
……合ってますよね……?
17:04:29 | page top↑
Talk About COEDO〜淡路島からこんにちは!
2012 / 10 / 06 ( Sat )
海×太陽×COEDO!
今日はうれしいことに、淡路島の友だちとCOEDOトークです!

コエドビール祭ではゲームコーナーなどのコンテンツを取り仕切るブレイン、
富田祐介氏(通称ゆうくん)が淡路島に移り住んで1年。
海辺で島の仲間たちと一緒のところにつながっています。

「もしもーし、ゆうくん。こちら縞々でーす。そちらの調子はどうー?」

TOP.jpg

――なんて贅沢なシチュエーション!海辺で呑んだりはよくするんですか?

ゆうくん
「天気が良いときには時々みんなで海辺で呑んだりします。
 今日はみんなにとって初コエドビールなんですよ」

――そうなんですね!初コエド、いかがですか?

まりさん
「デザインがすごいかわいい。海辺にあってる!」

――縞々もそう思います!とっても素敵ですよ、コエドと海と仲間たち。

IMG_2672.jpg


925さん
「ええでねぇーかー!淡路島でも呑める場所があればええのになぁ。
 淡路島の自然の中の色々な場所で呑んでみたい!!次はお月見か?!笑」

IMG_2696.jpg


―― ……(いますぐそこに行きたい…)。
  淡路島といえばおいしい食べ物が多いんですよねえ?どんなものと合うと思いますか?

春雨さん
「今ならダッチョ(太刀魚)とかハゲ(カワハギ)と合わせて呑みたいな~」

――あぁ~!それはぜひ食べたい…。あわせるなら『瑠璃』か『伽羅』かなあ。

あきちゃんさん
「どれも味が違ってて味比べするのが楽しい。猪豚のソーセージとかも絶対に合う!!
 淡路島は肉も魚も野菜も食材豊富だから、それぞれのビールに合うものを淡路島の中で探したら楽しそう!!」

――まさに宝島!きっと食べきれないほど色んなおいしいものがあるんだろうな。行きたい…。

IMG_2734.jpg

あにき
「家族とでも仲間とでも特別な日にみんなで呑みたいなぁ」

――同感です!みなさんも祭来てください!

全員
「コエドビール祭に行ってみたい!遠いけど。。。苦笑」

――じゃあ縞々が会いにいきます!乾杯しましょう!

IMG_2712.jpg

超絶HAPPYなコエドのある風景でした。
ゆうくん、今年もコンテンツ番長よろしくお願いします!

IMG_2715.jpg

今年もっていうか、もう明後日なんですよ!
みなさん準備はどうですか?我々は追い込み中です!

16:44:18 | page top↑
Talk About COEDO~おつかれさまです編集長!
2012 / 10 / 06 ( Sat )
こんにちは。ブログ隊長縞々です。
ドSすぎるだろう、この2~3日の空模様!

天気の話はこのくらいにしておいて。

こうしてブログを担当しているといろんな人とお話する機会がありまして。
(ちなみに縞々、実在します)

先日はお世話になっているある方に、日頃の感謝をこめてCOEDO5銘柄をプレゼントしました。
後日感想をうかがいましたら、とてもいいお話だったのでこちらでご紹介します。

121006.jpeg

その方は講談社『Grazia』の加藤編集長です。おつかれさまです!

「とてもこだわりを感じるビールだと思いました。ラベルといい、ボトルといいデザイン性に優れていて、
なにより日本らしさを感じました。それからバリエーションがとても贅沢です。ビールの奥深さを発見できますね。
どれも飲みやすく、サイズ感もちょうどいいです。あわせる料理やおつまみも銘柄によって選べる楽しみがあります」


ビール自体の奥深さ。まさにCOEDOのコンセプトである『Beer Bautiful』について感じていただいたようです。嬉しい!

そういえば加藤編集長も埼玉ご出身とのこと。コエド的にもシンパシー感じます!
編集長ありがとうございました!

少し前ですが、編集長のコエドの楽しみ方をブログで公開していただきました。
http://blog.excite.co.jp/grazia-t/18386312/


FacebookやTwitterでも、どんどんコメント待ってます!
12:49:29 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。